入口 エンコリログ ログイン
phistory NID:111896 DispID:94547 CrawlDB Status:1 View:2016 ModifiedDate:2008/10/22 21:04 Public:1
yaburakoji 高句麗の建国神話


 以下は金両基著の「物語韓国史」からの引用です。高句麗の始祖朱蒙が高句麗の元となった沸流国を力と知恵により獲得する過程が描かれています。朱蒙は東扶与で生まれましたが、その国の王族に疎まれ追放されてしまいます。そして諸国を流浪している途中に、沸流国にたどり着きます。


ある日、沸流水の川面に上流から流れてきた菜の葉が浮かんでいた。それを見つけた朱蒙は上流に人間が住んでいることに気づき、狩をしながらそこへ向かって川を上っていった(『三国史記』)。そこには沸流国という小国があり、松譲王が治めていた。
 朱蒙と松譲の二人は、たまたま狩の道中でであった。松譲は朱蒙の異様な風貌に驚きながら口を切った。
  ―俺は海の近くの陸のはずれのほうに住んで折るので、これまで君子にであったことが無い。今日ここで出会ったのも何かのご縁と思うが、そなたは何処のお方じゃ。
 ―俺は天帝の子で、某所にきて王都を定めている(一説では、天帝の孫、西国の王でござる)。ところで、そなたは誰の後孫でござるか。
 ―俺は仙人の後孫で、この土地で数代も王業を続けている王である。ここは狭い土地で、二人の王を容れるわけにはいかない。よって、そなたは建国して間もないので、わが国の付属国になってはどうか。
 ―なんとなんと、余は天を継ぐ天孫なるぞ。そなたは仙人の後孫なのに強いて王業を続けると申す。もし、余に従わねば、天が必ずそなたを罰するであろう。
 と言い争い、話合いは決裂し神術によって勝負をつけることになった。
 弓術の技を比べてみたが、松譲は朱蒙の敵ではなかった。そして、王業の歴史の証を見せることになった。


 沸流国には古くから伝わる儀杖に用いられた鼓角(太鼓と角笛)があり、それが王業の古さを語る証拠の品であった。新しい国の高句麗にはそれに相応する品が無いので朱蒙は窮地に立たされた。
 思案している朱蒙の姿を見ていた臣下の扶芬奴が、「わたしが沸流国から鼓角をとってまいりましょう」というのを聞いた朱蒙は、「他国の品を措置がどうやって持ってくるのか」と訊ねた。
 ―それは天から授かったものではございませぬか。王が東扶余で危険に晒されておいでのとき、どなたがここに行けとおっしゃったのでしょうか。王は一度、死線を抜け出られ、遼左のこの地に来てお名を広められました。これはみな、天帝の御心によるものでございますれば、いかようなことでも叶わぬことはございませぬ。
 と扶芬奴は答え、二人の仲間とともに沸流国に行って鼓角をとってきた。さらに、高句麗の宮殿の柱を古木で造り、古宮に見せかけて、王業の古さを主張した。
-引用終わり-

 

 

 盗んじゃったwww
 これ、東北工程への反論に使えませんか?

 




10/22 21:18 rkdlqfhksfy 日本人たち高句麗に対する愛着がすごいwwwwwwwwwwwwwww非常に倦まず弛まなく文を書く.
私は日本の国家に対して全然分からなくて, 愛着とは足指の爪位も存在しないのに言葉であってwwwwwwww
10/22 21:18 amenboakaino 韓国半万年の歴史はこうして作られるのかwww
10/22 21:19 rkdlqfhksfy 日本人たちは韓国のサグックシデをとても憧れているが, 実はそれより遥か前に古朝鮮と付与という国が韓国に存在したがwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww これで game over
10/22 21:20 yaburakoji 本文も読まずに発狂している馬鹿がいるなw
->10/22 21:22 amenboakaino 韓国人には読めない文章ですww
10/22 21:25 yaburakoji ひょっとしたら翻訳がうまくいってないかもしれないので要約。朱蒙が沸流国をのっとるときに、他国の歴史を盗み、自国の歴史をより古く捏造したというお話です。
10/22 21:27 rkdlqfhksfy 日本人たちは韓国のサグックシデ(高句麗,百済,新羅,伽揶)をとても憧れているが, 実はそれより遥か前に古朝鮮と付与という国が韓国に存在したがwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww これで game over
->10/22 21:30 yaburakoji 無意味なレスは止めてくれないか?
->10/22 21:32 amenboakaino いつもの話題ずらしの逃亡なので気にする必要は有りません。