入口 エンコリログ ログイン
phistory NID:111928 DispID:94575 CrawlDB Status:1 View:2980 ModifiedDate:2008/10/24 00:59 Public:1
hanshin1992 モンゴル君の高麗と日本遠征比較

 

 

日本 : 総 15万の大規模遠征, しかし軽く撃退

 

 

 

高麗 : max 2‾3万の雑兵侵入, 調整は 花道で逃亡, 正規軍

 

どうしけんか 無, .. これが戦争? no, no‾ ただ 一方的な掠奪

 

 

 

大夢抗争. その真実は?  

 

 

高麗とモンゴルが 30年にわたって争った大夢抗争に対して私たちは既存まで世界の多くの国々を

力一度入れないで征腹したモンゴルに対立して対抗した高麗がすごかったと思って来ました.

大部分の人々は世界最強モンゴルに対立して争ったたとえ降参はしたが 30年間も争った高麗に自負心を持ったんです.

しかし実際はそうではないです. きちんきちんと一つ二つ考えて見ましょう.


それならどうしてモンゴル君は高麗をチップイブしようと思ったことでしょうか?

モンゴル君が高麗に初めて入って来る過程をよく見れば偶然的要素たちがたくさん立ち込めていることを分かるようになります.

モンゴルは要義残存勢力を討伐する過程で高麗の国境に足を入れるようになります.

当時高麗の執権者だった武臣政権の崔忠・はモンゴル君が高麗に入って来ると一種の非常戒厳令を下げてぐっと緊張します.

ところでモンゴルが高麗に入って来たのが何らの意図がなかったということが分かると心をおきます.

引き継いでモンゴルがヨトボルグンを要請して来ると派兵君を編成して送ってくれるまでしてくれます.


であれと言った モンゴルはどうして高麗に急に軍隊を派兵したことでしょうか?

それはこの前に申し上げたヨの国が高麗を侵攻しようと思ったうちまくと似ています.

どうした間に当時中原の覇権を握っていた禁果煮こもうとする同盟関係に置かれていました.

敷布団を滅亡して, その勢いで金まで滅亡しようと入ったモンゴルとしては背後勢力だった高麗を整理する必要性があったんです.

高麗が表だけで禁果同盟を結んで実際では南宋と協力関係を維持していたということは

モンゴルに何らの利害関係になることができなかったです. モンゴルとしては高麗の内部事情まで見てくれる理由がなかったんです.

 

軍事力の絶対優位を持っていたが禁果比べた時それほど自信することができなかったモンゴルとしては厄介な存在である高麗を整理する必要性がありました.

高麗のいわゆる '大夢抗争'中に初期と中盤期にあたる約 20余年間の期間がまさにこれにあたります.

それなら煮こもうとするこのようなモンゴルの要求にどんなに対処したんでしょうか?

そしてどうしてモンゴルは 20余年もなる時間の間続いて高麗を侵攻したんでしょうか?

 

と関して私たちは高麗が江華島で政府を移した事件に対して考えなければならない必要性があります.

どうして高麗政府は江華島で政府を移したんでしょうか?

モンゴルの意図がそのほかの他の国々と違い高麗の完全征服ではなく '降参'に意図があったことを彼らがモルラッウルリがないです. したがって適当によく機嫌さえ合わせてくれればこの前敷布団や金と一緒に モンゴルは高麗の自治権を了解してくれた可能性がとても高いです.

ところで煮こもうとする敢えて江華島で政府を移して積極的な大夢抗争を宣言しました. なぜでしょうか?

 

解答は前で申し上げた '崔忠・'にあります. チェさん政権の創始者でもあった崔忠・は息子ツェイに政権を渡してやります. ところで崔忠・はツェイに政権を渡してやりながらいわゆる帝王教育をさせます. 帝王が受けなければならない教育と資質を息子に俳優するようにしたことです.

彼の権力を息子に渡してやる過程でも崔忠・の側近勢力と催異意側近勢力たちがお互いに対立閣を起こして争うまでハヌンドングの事件が発生します.

この程度なら一国の権力者と言うよりはほとんど執権者の後継ぎ継勝状況です. すなわち当時煮こもうとする賃金が最高権力者ではなく, 崔忠・とツェイが最高権力者だったわけです. 日本中世時代の天皇と幕府間の関係と同じくですね.

ところでモンゴル君がチップイブして事大関係の変化を要求しました. これは状況によっては内政干渉もできるという申し出です. 同時にモンゴルは当時最高権力者だった催これにとってモンゴルに入って来なさいという条件を掲げました. 当時高麗で誰が権力を握っていたのかモンゴルも正確に分かっていたはずです.

ところでこのような条件が成事になってモンゴルで高麗に内政干渉ができるようになったら催異意権力がとても危なげになります. どの時代でも権力者に反対する勢力は必ず存在するものと決まっています.

しかも王朝時代に王に準する, いやそれよりもっと高い権力を握っているツェイに王が反感を抱いて, 王を取り囲んだ勢力たちが反感を抱かなかったことと予断しにくいです.

したがってツェイとしてはモンゴルの要求条件を受け入れればツェイ自ら墓穴を掘る柄でした. ツェイとしてはモンゴルに抗戦するしかなかったです. その自分の抗戦する意思がなかったにもかかわらなくて.

 

実際でもモンゴル君が続いてチップイブして来る度に煮こもうとするいやツェイは続いてモンゴル陣営で使臣を送って軍隊をムルロボネギさえしたら誠をこめてモンゴルを事大する. だから是非退くようにしてくれ. という事情を続きます.

そしてこの要請を受け入れてモンゴル君が退けばモンゴルが要求条件で掲げた催異意入朝と国王のツルリュックをずっと拒否します. こんなに 20年という時間を引きじたんです.

 

 

ところでこういうふうに時間を引きずることができたんでしょうか?

モンゴルも目に確かに見える催異意このような言い訳と水かきを続いて信じたでしょうか? そんな可能性はゼロに近いです.

前でも申し上げたC.Pモンゴル君は高麗が積極的に動かないで静かにいるだけで目的を充分に果たします.

したがって彼らとしてはツェイが立てる言い訳を信じるふりをして帰ってから高麗がちょっと変だと思えばまた攻め寄せて催これにとってまた事大するという約條を受け出して帰るだけでそれのみです.

モンゴル君は分かりながらも催異意言い訳を聞き入れたはずです.

江華島を侵攻することもできたにもかかわらず, モンゴル君がチップイブしなかった理由もすぐここにあります.

モンゴル君が海戦に弱くて江華島にチップイブすることができなかった. と大部分の方々は思いますよ. 1270年に対日本遠征でモンゴル君は傷害で日本箱入り娘地域までただ一度の停泊なしに横切ります.

その広い距離(通り)も一気に上陸するモンゴル君が少し広い川に過ぎない江華島海峡を恐ろしくて通過モッヘッウルリがないです. できなかったのではなくしたことではないです. 最とモンゴルだね二つともの利益がこのような地点できっかりあったのです.

 

結局ズックオナは件民たちです. ツェイは最初にモンゴル君と積極的に争う意思がなかったです. モンゴル君と積極的に争うためには大規模の軍隊が編成されなければなりません. そうするためには巨大な催異意兵たちは勿論で国家の常駐軍たちまで集めて戦地で派遣しなければならないのにこの軍隊がいつクーデターを起こすかも知れないです. ツェイは崔忠・から帝王教育を受けたが王位に上がることができなかったです.

時代状況が催異意王位登極を拒否していたのです.

 

すなわちその時までもツェイに対抗する勢力が催異意統治を阻むことはできないが, 催異意王位登極を阻むに値する力はあったという話です.

が対抗する勢力を押す基本源泉が催異意兵. すなわち三別抄でした. ところで大夢戦争のためこの三別抄の大部分を最と分離すれば? いやそれを越して有名無実化になっている国家の常駐軍をまともに正常化させたら? この軍隊がいつでもツェイにブーメランになって運んで来ることができました.

ツェイとしては一番恐ろしい事態でした. ここに備える一番賢明な計策は争わないんです. すなわち徹底的に自分の兵たちを自分たち旗下に残して常駐軍たちを続いて有名無実化させるんです.

実際でもツェイはここに対抗する三別抄旗下自分の軍事たちを流たくさせてしまうとか殺してしまいます.

敵兵に対立して争うという軍事たちを首切りさせてしまったんです.


モンゴル君は敢えて念を入れてチップイブしなくても良いし, 入って来たところで対抗する勢力たちもないから  思いきり掠奪をします.

ツェイは軍事たちを送ってくれないで民たち自ら防御しなさいという指針を下逹します. これがその有名な酸性立保政策です. 険峻した山と島に入って行って分かって避けていなさいということです.

そしてモンゴルとツェイがお互いに目に明るく見え透く協定をまた締結して帰れば民たちから租税をまた搾取します. そしてその搾取した租税を持ってツェイは高麗の支配層たちの歓心を買いました. 民たちが奪われた巻いた間にそのように 20年が過ぎ去ります.

 

ところでツェイが死んで息子催香餌また政権を受け継ぎながら問題が深刻になり始めます. 金が滅亡して南宋でモンゴルの査定圏が入って来ながらモンゴルとしては高麗と敢えてこんなに目に明るく見え透くいたずらをする必要がなかったはずです. それでもそのままネロボリョ頭面対局の逓信問題が申し立てられます.

すなわちモンゴルは真剣に高麗を征腹する計画を立てます. モンゴルが五番目にチップイブしながらこのモンゴルの計画が現われます.

今までのいたずら水準とは完全に他のモンゴル君がよく使う方法である '都城'が始まったんです.

都城と言う(のは)モンゴル君が占領する性で人とは一人も残しておかないまま全部殺すとか虜に連れて行くモンゴル君の残虐した行為を称えます.

実際にシルクロードの中継地としておびただしい呼ぶ享受したサマルカントはモンゴル君のチップイブを受けて対抗したが

占領された後ジンギスカンの命令を受けて 20万名もなる城内住民たちが皆虐殺されます. 以後シルクロードはその派手を忘れてしまいます. その都城が高麗に近づき始めたんです.

単純に険峻した山や島に入ることで問題が解決される水準ではなくなってしまいました. モンゴル君がイテクルゴガン高麗の民たちだけ 50万名が越えます. おびただしい数字でした.

 

ところでチェさん政権の問題は違うのにありました.

モンゴル君が堅たく決心してチップイブしながらチェさん政権が租税をゴッオがは通路を遮断してしまったんです.

このようになると本当の問題が深刻になります.

江華島に居住している高麗支配層たちの火だけは高くなって. 普段のようにモンゴル君に使臣を送ってもモンゴル君は退く考えをしないのにツェヒャングの入朝と国王のツルリュックを要求します.

痛しかゆしに陷った高麗調整. いやチェさん政権は結局自ら自滅します. 20余年にわたった抗争がただ二度の本格的な侵略のため崩れたんです. モンゴル君が決心して攻撃すると煮こもうとするヒムハンボン使うことができずに崩れました.

 

もちろん高麗の主力君たちは皆江華島に集結していたから高麗が決心してモンゴル君と大大的な全面戦争をしたら事情はまた分からないです.

韓半島地形が元々モングゴ−ルグンガッは  類型の軍隊には猫要らずである地形のうえに要衝地だけよく選んで守るだけでいくらでも窮地に追いこむことができた地形でした.

言葉とおり入って来ることは易しいが, 出ることは難しい地形がすぐ韓半島です.

煮こもうとするいやチェさん政権はこの地理上の長所を自ら忘れて, 軍事たち一度出さないで自分たちばかりの利益のみを追い求めている途中自滅したんです. 三別抄が以後にする行動もこれと特に違わないです.


歴史と言う(のは)言葉とおりの歴史ではなければなりません.大夢抗争は私たちに本当に恥ずかしい歴史です.

当時高麗の指導層たちのした行為たちは私たちにとって多い恥を感じらせます.

しかしそうだとしてその恥の歴史を適当に包装して. 私の口当たりどおり包装して敍述するということ. それはもっと大きい恥であるでしょう.

日本の指導層たちの行う行為たちは私たちにとって歴史の自分の考え性がいくら大きい危険を生むかを分かるようにします.

 

大夢抗争を敍述するグックサチェック, そしてよく思う '真実'でこの危険性がとぐろを巻いて私たちを脅威するという事実をいつも憶えれば良いです.

 

 

韓国が誇る大夢抗争の真実




10/24 01:24 koba2005 高麗軍は弱かった事実はどうやっても覆らないが・・・
->10/24 02:18 vistomerono 高麗軍は国内でいわれているほど強くなかった、というスレでは?‥
10/24 01:47 takejima マンガw?TVドラマw?まずは、スレ主は、何を根拠に主張をしてるのかを説明をしないとw。日本人の多くは、その妄想ドラマを知らないんだよw。
10/24 01:55 scy4927 私の考えには...私も大夢抗争が本当にウィシムスロッジだけスレズは歴史的証拠をソースで出しなさい...単純な推測みたいだ.
10/24 03:30 lebtone58 軽く撃退ではなく ^^ 神風という造語が生じたこともこの当時だ kajeがこの当時風の神さまがどうして有名だったろうか? 日本の波は当時ベッギスルである海軍で戦いにくい島で成り立った国だ. その当時日本の波と台風で偶然にモンゴルが国内政治問題で 2‾3次征伐をしなかっただけ...日本人は運が良いの ^^ 運が良いだけ実は陸地だったら日本はモンゴルにアブドゾック敗北だった? 果して陸地君が水軍になって争うことができるか? と思って見なさい .^^ 吐き気吐き気に苦役を受ける最悪のコンディションで急に陸地に降りれば争うことができるか? ^^ バカなことはやめる.. そして高麗海軍はよほど強かったの ^^ 高麗のガブパソン技術は相当なの... モンゴル君はほとんど全滅するとか台風に包まれて撃退された一方高麗軍は 70パーセントほどが本国で住んで帰って来たから...煮こもうとするアラブと海上貿易までハンナランデ..あまり歴史も分からないのに虚偽歪曲の文を書くようだね.....