入口 エンコリログ ログイン
teconomy NID:4038935 DispID:3776525 AibonDB Status:0 View:54 ModifiedDate:2008/12/28 22:42 Public:1
sex_japan 日本とインドネシアの深い関係
帝国主義の世界(赤が欧米の帝国主義勢力)
 
 

インドネシアは360年間、オランダの植民地でした。

しかし、大東亜戦争で日本がたった9日間の戦闘でオランダ軍をインドネシアから追い出しました。

 

1942年3月8日西部ジャワ州スバン市カリジャティ(Kalijati)においてオランダは日本に対し無条件降伏した。

 

「日本の占領は、後に大きな影響を及ぼすような利点を残した。第一に、オランダ語と英語が禁止されたので、インドネシア語が成長し、使用が広まった。日本軍政の3年半に培われたインドネシア語は驚異的発展をとげた。第二に、日本は青年達に軍事教練を課して、竹槍、木銃によるものだったとはいえ、きびしい規律を教え込み、勇敢に戦うことや耐え忍ぶことを訓練した。第三に、職場からオランダ人がすべていなくなり、日本はインドネシア人に高い地位を与えて、われわれに高い能力や大きい責任を要求する、重要な仕事をまかせた。…」
インドネシアの中学3年用の歴史教科書


 

だが、日本が連合国に敗れたとたん、またもやインドネシアを占領しようとイギリス軍とオランダ軍がインドネシアに戻ってきたのです。
 
スラバヤに上陸した英軍戦車隊
 
しかし、インドネシアの国民は、今度は自分達の力で独立を目指そうと立ち上がったのです。
そしてスカルノとハッタは連合軍が来る前に、多くの民衆の見守るなか、独立宣言文を読み上げたのでした。
 
宣言
私たちインドネシア民は、インドネシア国家としての独立を宣言する。
権限の移譲などについては、早急なる手段で詳細に渡り行われる。
Jakarta  *05年8月17日
*05年は日本の皇紀
 
独立宣言文を読み上げるスカルノ初代大統領

 

 

インドネシア独立戦争は連合国を相手に4年間も続き、死者80万人という犠牲を払いました。
その中には、多くの日本人が現地に残りインドネシアの独立のために命を落としました。
 
 
命を捧げた日本兵はインドネシア独立の英雄として、
ジャカルタ郊外のカリバタにある国立英雄墓地に丁重に祀られています
 

ようやく四年間の戦争の末、各国の非難の中、オランダは渋渋インドネシアの独立を認めました。

 

しかしオランダの要求した独立の条件とは

1.60億ドルを支払うこと

2.オランダ人が所有してきた農場などの土地財産の権利を保全すること

3.スマトラ油田の開発費を弁済すること

 

もちろん植民地支配の償いや謝罪は一切なかった。

しかし、インドネシアは独立の代金を一部日本に肩代わりしてもらって条件に応じました。

 

 

こうして、インドネシアは独立したのです。

 

インドネシアの独立記念日には男女2人に日本軍の格好をした3人で国旗を掲揚します。
 
6人の日本人が独立名誉勲章(ナラリア勲章)を受賞
 
 
日本との戦後処理交渉に当たったアルジ=カルタウイナタ氏はこう言いました。
「独立のお祝いというつもりで賠償金をください。日本が悪いことをしたから賠償しろというのではありません。」
ハッタ副大統領も
「日本軍はインドネシア独立の恩人だから、賠償という名称は不適当だ。独立達成を記念する祝賀金として頂く」
 
 
 
 
後にこの話は、インドネシア軍全面協力の下、映画となりました。
 
ムルデカ・17805(2001年)
題名中の "ムルデカ(MERDEKA)" はインドネシア語で「独立」を意味し、"17805" は日本の皇紀2605年8月17日の数字を日、月、年の下二桁の順に並べたもので独立運動指導者のスカルノとハッタは、インドネシアの独立宣言文にこの日付を使用した

12/28 22:50 36cm 叫韓した! ^0^/
12/28 22:51 ktx312 相変らず深い妄想 ^.^