入口 エンコリログ ログイン
tanimation NID:373327 DispID:122117 AibonDB Status:0 View:5 ModifiedDate:2008/05/19 02:11 Public:1
hotta_imo ドイツの少女漫画-4(完結)
http://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=tanimation&nid=373323&start_range=373281&end_range=373323   の続きです。
 

さあ お城の様な LEON君の家に悪魔退治に乗り込んだRIKAちゃん。

「RIKA、私はここに居るよ。」   でてきましたよ レオン君!!

ややっ! LEON君既に”魔女”に じゃない"間男"に でもない”魔男”になってしまってゐました。

「ハ~~、おばあちゃーん 助けて~!」 御婆ちゃんは、悪魔に取り付かれたLEON君に飛び掛り

血清 を注射しようとするのですが、、 一撃でぶっとばされてしまいました。 

「あぁダメ、、、 おばあちゃーん」

「もうチャンスはなくなったな!ハハハハハ」 

*右手の横の有刺鉄線状の物はなんだろう。  此処でRIKAちゃんし気を取り戻し

「てめえ、ぶっ飛ばしてやる!!」         *愈々出るか秘奥儀 昇龍拳 or 鼻毛神拳 

あっさり 拳 をつかまれてしまいました。

「オー シャイゼ!」 イヤーーー  投げ飛ばされてしまいました。

 *エバのアスカさんの台詞にもありましたが、"シャイゼ=scheisse"はドイツ語で、「うんち」です。

                 良いところの お嬢さんが あまり使うべき言葉ではありません。^ ^;

御婆ちゃんが血清が入った注射器をRIKAに投げます。「リカ 受け取って」

「リカ お前は 死ぬのだ!!」と悪魔に取り付かれたLEON。

RIKAちゃん注射器を受け取って、REONの攻撃をかわしてそれを突き刺します。  

日頃の訓練の成果です。         *一体 何処に挿したのだろう?

グロワァ~~~~ LEON君の体から何か怪しげな霊が離脱しようとしています。

「UMIJ ポンプを持って来い!」「お前の最後の時が来たのだぞ!」と御婆ちゃん。

   UMIJ君は旧式のポンプを押す係りとなってます。 ミュフ ミュフ ミュフ

            *ヲイヲイ お前ら ドラエモンかよ? 何処からポンプを出したのだ?

御婆ちゃん 怪しき霊「BAK’ZUL」に ポンプで水をぶっ掛け始めました。

  *ヲィ この悪霊は、”ジャミラ”かよ。水でやられるなんて。 と茶々を入れろうと思ったら

文中に「この血清を喰らって死んでしまえ!」とか 御婆ちゃん行ってます。 

   血清をそんなに無駄に浪費してはいけませんよね。

悪魔はBAK'ZULは退治されたようです。

「おばあちゃ~ん!」 「良くやったよ~」とか何とか 喜びあっていると RIKAちゃん大事な人が、

「レオーン」「レオン?」 レオン君動いてます。 どうやらレオン君は死んではいないようです。

レオン君「僕達の初めてのデートが何かロマンティックな、、 云々」とか言っています。

「私もよ!」 

此処で やっと 邪魔が入らずに Kiss 出来ました。  

御婆ちゃんとUMIJAも喜んでいます。

めでたく おしまい Ende となりましたとさ。

                   *で、タイトルの「悪魔の口づけ」って???

= = = =  = = = = = =  = = = = = = == =  ==  = = = == = = = = = = =  = == = = = = = = = = =

日本の漫画の翻訳版に限らず、ドイツ漫画やフィンランド漫画も 日本と同じページの開きに

なっています。   この為、この手の西洋人にとっては逆開き漫画には必ず 最終ページ

(つまり、西欧人が間違って最初に開ける可能性のあるページ)には 必ず下記の様な注意書き

と 吹き出し の読む順序の解説がなされています。

Stop! とか HALT!とか の文字と共に 読む順序 の解説がなされています。


05/19 02:22 daiwa1192 up乙でした。読み順の説明ですか。^^ なんだか昔見たフレンドの漫画家さんを思い出す絵柄でした。^^
05/19 02:30 hotta_imo カールセンコミックのズボンのポケットシリーズの「Chibi」漫画は 60ページ 程度ですので、新人さん用には 丁度良いストーリーの長さですね。 「Chibi」漫画シリーズは、後一冊しか購入してきていません。
 この類の漫画に興味のある方は、 www.carlsenmanga.de か  www.carlsen-chibi.de  のサイトを見られると良いでしょう。