入口 エンコリログ ログイン
tmachine NID:46994 DispID:40076 AibonDB Status:0 View:71 ModifiedDate:2007/02/21 16:22 Public:1
mihune321 日本人建築家  ソウル奮闘記

2004

山田幸司のソウル奮闘記(「恨」:「」の国での建築事情)

1.工事概要

 名称:(仮称)ソウルS
 場所:ソウル市カンナム区チョンダムドン
 工事種別:大規模リノベーション
 工期:3月から6月
 規模:
 予算:6000万程度
 施工会社:PAN建築デザイン
 用途:学校


2.進捗状況

 現場は、ソウル市カンナム区の「ソウルの表参道」と呼ばれるファッションストリートに面した6階建てファッションビルの4F,5Fだ。4Fは事務所、5Fは学校本体となっている。設計は、単に内装工事程度のものではなく、ワンフロアに1階建ての建築を作ってしまい、内部に外部「エクステリア」を生み出している。

 現在までの進捗状況は、内部の解体が終わり、具体的工事が始まりだしたというところだ。


 ちなみにクライアントは日韓JVだ。



3.「恨」:」の国でのカルチャーショック

 ソウルは今、さながら建設バブルといったところだ。そこらじゅうでビル建設が進行している。また、高層の建築も目立つ。ただ、建築の専門家である私にとっては、すべてが考えられない状況だ。

まず、各現場の柱等、およそ建築的オーダーではない。細い。彼らからは「韓国には地震がないから大丈夫」との答えが必ず返ってくるが、かなり危険だ。工事も、日本人には到底受け入れられない程「荒い」。

 

 さて、当方の現場について書く。まず、韓国人は非常に誇り高き民族で、絶対に「できない」とは言わない。必ず「今の韓国にできないことは何もない」という。日本人が韓国の建築レベルの低さを心配するような発言をすると、もう抗議を受けることになる。で、実際はどうなのかというと、残念ながら日本ではなんでもないことができない。言っていることの理解すらできない。まったくもって始末が悪い。だからといって日本人が机をたたいて退席してしまえば、それでジ・エンドを迎えることになる。日本側がすべて妥協しなければ決して上手くいくことはないのだ。

 

 当初、私の提出した図面に対して、高さがぜんぜん間違っていると厳しい抗議を受けた。いただいた当該ビルの図面と照らし合わせても、明らかに私の図面に誤りが見当たらないため、改めて現場に行ってみると、すべてが分かった。いただいた図面の断面は5階建てなのに現場は6階建てだったのだ。そして、すべての階高が図面と違っていたのだ。さらに、図面では鉄骨造なのに現場はRC造だったのだ。あきらかに韓国事情が原因であったことが分かり、理不尽な言いがかりに対する抗議をして理解はしてもらったが、謝罪は絶対にない。彼らは何か問題が発生した場合、まず自分ではなく、まず相手のほうに問題があると考えるのだ。まいった。

 図面が5階建てなのに、現場は6階建てというような事態は、日常茶飯事であることも判明してきた。決してありえないレアなケースではないのだ。

 いずれにせよ、日本人が隣の国だからといって、気軽に喜び勇んでいくと大やけどをすることになるようだ。あの国は、日本とまったく違った国なのである

 

4.竣工までの課題およびそれ以降の展望と課題

 いずれにせよ、工事は進行中だ。竣工までの課題も多々あるが、その前に工期について重要な話がある。実は、工事は8月までに竣工すれば十分なのである。が、韓国は儒教の国である。筆者もまだ十分に理解しきれていないのだが、韓国には、竣工やその後の祈願のための宗教儀式がある。日本の竣工式等と同様だ。けれど、その日程調整はまったく理解できない。儒教の偉いお坊さんに伺いを立てるのだが、そのお坊さんが「6月9日がよい」となると、6月8日までに竣工しなければならなくなってしまうのだ。この竣工儀式は絶対的らしく、そのための工期短縮に伴う設計変更さえ当然らしい。本末転倒のような気がするが、それが韓流だ。

 というような工期設定の問題はあるにせよ。とにかく竣工させなければならない。関係者は不眠不休の作業を行っているが、その過程で勝手な設計変更も多々行われている。設計者に対する配慮はあまりなされない。よほどのビックネームでもない限り、ただの日本人ということらしい。少なくとも私のケースでは。今回の仕事は若干アクロバティックで訳アリの面もあったが、それにしても日本的な監理業務は韓国では無理であろう。監理の鬼である筆者が言うので、ほぼ間違いないと思ってもらってよい。どうやら重要なのは、クオリティーの高さや建築の完璧さを期待してはならないということらしい。もともと建築は、俗物で妥協の産物である。改めてそのことを痛感させられた。ゆったりとした気持ちを持たなければ、撤退するのみだ。結果は当たるも八卦外れるも八卦ということか。乞うご期待?

 次に、今後の課題でもあるが、韓国での仕事を成功させるためには、日本人が韓国語を流暢に操らなければならない。韓国の多くの人は、日本語と英語にかなり精通している。そのため語学力に弱い日本人を少し馬鹿にしている面もある。仕事に関しての主導権をつかむためには、日本語や英語ではなく韓国語で話すことが重要だ。韓国語は日本人にとってはさほど難しくない。韓国語を少し話すだけでも日本人の意気込みや緊張感は伝わる。よその国で仕事をするのであるから、そのくらいは当然といえば当然といえる。

http://www.geocities.jp/koji_yamada_arc/seoul_funtouki.htm

2004年

 

http://www.geocities.jp/koji_yamada_arc/shinki_seoul_s_02.html

http://www.geocities.jp/koji_yamada_arc/shinki_seoul_s_03.html

↑韓国建築雑誌で紹介された紙面

 

↓3D画像 ※クリックして見て






02/21 16:36 lalala_k これは面白い。韓国の建築から韓国の全てが見えてくるようです。韓国=全て欠陥www
02/21 16:40 neya そういえばFC2のblog 在日韓国人の韓国留学時アルバイト経験でも 似たような事書いてたな 余りのいい加減さと 無責任さに悲しくなったらしいが
02/21 16:43 mihune321 この建築家は、日本建築家協会優秀建築選2005やグッドデザイン賞2004等を受賞しています。
02/21 16:46 korin0000 おなか痛いwww
02/21 16:50 ixo2 韓国で建築途中で建物が変形し放棄されているのを見たことがある。また、あるモールド成形メーカーの壁がコンクリートブロック製だったんだが、大きく歪んでいるのも見た。今も建っているのかな。
02/21 16:53 ketuma それにしても汚い文字だな。
02/21 16:59 salsero いかにもありがちな話題に聞こえる。私の場合もそうだった。
02/21 18:18 hisago (・∀・)ケンチャナヨ!
02/21 18:21 kareha3 図面が5階建てなのに、現場は6階建てというような事態は、日常茶飯事
02/21 18:51 bgmrcrltk 日本人たちはこんなに自国に帰って他国を罵る人間が多いですね. 問題があればその席で主張して論争しなくてはならないどうして韓国人たちの前でビルビルデに帰国してあんなインターネット隅で他国悪口を言いながらストレスを解くのか
->02/21 22:50 nene     出た「彼らは何か問題が発生した場合、まず自分ではなく、まず相手のほうに問題があると考えるのだ」。 投稿は、日本人は、韓国が自国の常識と同じ物を持ってると思っていると、痛い目に遭うよ…という警告文だけど、韓国人にとっては真実を語られるのは「悪口」「差別」「韓国に対する愛情が足りない」になるんだね。日韓友好、異文化交流…こんな一方的な調子で出来るのかな?
02/21 19:03 pokemonbest7 何が問題なのか... 設計変更?
->02/21 19:51 irogu     図面通りに、物が作れない事。
02/21 20:34 eheya 図面どおり作らないで新しい建物を創造し出す韓国人の能力は偉大だ.
02/21 21:41 dandism 建築分野は本当に仕方ない. あのように勝手に設計変更したら, そのまま韓国建築家に設計を任せた方が良い.